【光脱毛VS自己処理】比べて納得♪始めて満足♪

imasia_14314023_S

時間対決

光脱毛と自己処理いずれが優るのか、まずは時間とコストで考えてみましょう。
自己処理には方法も様々あり、代表的なものとしてはカミソリ、毛抜き、電気シェーバーや家庭用脱毛器、除毛クリームが挙げられます。
いずれのアイテムも、時間さえあればいつでも手軽に処理できるメリットがあります。

また、カミソリや電気シェーバーなら短時間で広範囲の処理が可能です。
一方、光脱毛の場合は定期的に通う必要があるものの、その回数は1ヵ月から数ヵ月に一度程度で構いません。
1回の施術時間は、希望するパーツによりますが、15分から1時間半程度が一般的で、忙しい方でも無理なく通えるのが魅力です。

コスト対決

カミソリや毛抜きは単価も安く、何度か使えるため、1回あたりのコストが抑えられるメリットもあります。
もっとも、自己処理でも電気シェーバーや家庭用脱毛器は数万円の初期投資が必要になるうえ、頻繁に何度も繰り返し処理する必要があるのはカミソリや毛抜きと変わりません。

除毛クリームも数日から1週間おきに使う必要があり、1本は1,000円程度とはいえ何度も使うほどコストが嵩みます。

これに対して、光脱毛は月額制で数千円から1万円未満が多く、全身脱毛でも1年から2年程度の間に毛周期に合わせて何度か通えば、自己処理が不要な薄さになります。

自己処理は1回あたりのコストは低く思えても、一生涯ずっと続けていく必要がある点でランニングコストが嵩むのが難点です。

肌トラブル対決

カミソリの場合、皮膚表面も一緒に削ってしまい、肌に負担がかかり皮膚がゴワゴワになるうえ、毛抜きの場合は痛みを伴い、抜いた直後は赤く腫れたり、ボツボツができます。
肌が弱い方は毛包炎症や化膿を起こす場合もあります。

自己処理は肌ケアが不十分になることが多く、脱毛直後の肌が敏感になって日焼けなどに弱くなるほか、度々繰り返すことで色素沈着や毛穴の目立ちなど肌のトラブルが起きやすくなります。

これに対して、光脱毛は毛の色素であるメラニンのみに反応するので、基本的に肌に負担をかけません。
エステシャンにより、施術前後の肌ケアもしっかり行われ、サロンによっては美白や美肌対策もしてもらえるのです。

ムダ毛処理の効果対決

自己処理では、カミソリで切断された断面が目立つため毛が太くなったように見えたり、実際に再生する毛が太くなったり硬くなり剛毛になる虞があります。

また、やがて生えてくるので永遠に処理し続けなければならず、何度も繰り返す手間がかかります。
これに対して光脱毛は、何度か通う必要がありますが、通うたびに毛が薄くなり、やがて気にならなくなるほど薄くなり、自己処理の手間が不要になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ